• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリアヘルスケアセンター
    •  お問い合わせ  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

お知らせ一覧

  • 2018.04.10 2019年度薬剤師募集のご案内

    平成29年4月入職の薬剤師募集のご案内です。

    詳しくは採用特設サイトをご覧ください。
  • 2018.04.09 2018年度 新人看護師研修公開講座のご案内

    2018年度 新人看護研修公開講座の情報を掲載しました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
  • 2018.04.03 臨床研究に関するページを更新しました

    詳しくはこちらをご覧ください。
  • 2018.03.19 【2018年卒業生対象】薬剤師募集のご案内

    2018年卒業生対象の薬剤師採用試験を実施します。

    詳しくはこちらをご覧ください。
  • 2018.03.15 【終了】市民公開講座「ゼイゼイ心不全 ゴホゴホ呼吸不全」のご案内

     下記の講演会は終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

    ----------
     聖マリア病院は「ゼイゼイ心不全 ゴホゴホ呼吸不全」と題し、呼吸困難を伴う病気について学ぶ市民公開講座を開催します。
     激しい運動などをしていないのに、ふと「息苦しさ」を感じたことはありませんか?「息苦しさ」は、身体の異常を知らせるサインの可能性があり、心不全でも呼吸不全でも起こりうる症状です。身体からのSOSを見逃さないために、専門医や理学療法士とともに、息苦しさの原因や対処法などをチェックしましょう。皆様の疑問にお答えする質問コーナーもあります。ぜひ足をお運びください。

    ▽日時:2018年3月17日(土) 14:00~17:00(13:30受付開始)
    ▽会場:久留米シティプラザ5階 大会議室(久留米市六ツ門町8-1/0942-36-3000)
    ▽参加料:無料
    ▽定員:100人(事前申込制)
    ▽申込方法:下記申し込み用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
          申し込み受付期間は3月8日(木)から3月16日(金)17:00までです。
    ▽問い合わせ先:聖マリア病院 企画部 市民公開講座事務局(0942-35-3322)
    ▽案内ちらし・申し込み用紙のダウンロードはこちら

    ※訂正情報:ちらしに記載の会場に訂正がございます。正しくは久留米シティプラザ5階 大会議室です。

    --追加情報--------
    3月15日時点の申し込み状況:定員までまだ余裕があります。皆様のご応募お待ちしています。
  • 2018.03.12 各種職員(中途採用)募集のご案内

    以下の職種の中途採用をおこなっています。
     ・リハビリ職員(正職員)
     ・事務員(正職員/医療情報部情報システム課)
     ・事務員(契約職員/医療事務部)
     ・事務員(契約職員/医療事務部外来ブロック係)
     ・診療情報管理士(正職員)
     ・管理栄養士(正職員)
     ・調理師(正職員)
     ・調理員(正職員)
     ・ファーマシストエイド(正職員)
     ・介護福祉士(正職員)
     ・看護補助者(正職員)

    詳しくはこちらをご覧ください。
  • 2018.03.12 各種職員(新卒採用)募集のご案内

    2018年4月入職のリハビリ職員、歯科衛生士、調理師、介護福祉士を募集しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。
  • 2018.02.24 病院見学会のご案内(薬学部生対象)

    薬学部生対象の病院見学会を開催します。
    詳細、お申し込みはこちらをご覧ください。
  • 2018.02.20 GW病院見学会のご案内(看護学生対象)

    2018年5月3日にGW病院見学会のご案内(看護学生対象)を開催します。
    詳細、お申し込みはこちらをご覧ください。
  • 2018.02.05 福岡県南部初、ロボットでの胃がん手術を実施

     聖マリア病院は1月下旬、手術支援ロボット「ダビンチXi」を用いた早期胃がん手術を実施しました。ロボットでの胃切除は福岡県南部地区で初めてです。患者さんの術後の経過は良好で、術後7日目に退院されました。ロボット手術は、切開創が小さく創の治りが早い最新の低侵襲手術です。ことし4月には、今回実施した胃がんを含む12種の手術が新たに保険適用になる予定です。当院は、ロボット手術という新しい医療の健全な発展のために、今後も症例数を重ね、多くの患者さんにより安全で質の高い治療が提供いたします。

     当院のロボット手術の取り組みについては、こちらをご覧ください。

    手術支援ロボット「ダビンチXi」を用いた手術の様子

     

このページの上へ