• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリアヘルスケアセンター
    •  お問い合わせ  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

患者さん向け お知らせ一覧

  • 2018.09.29 「移植医療を考える」市民公開講座のご案内

     腎臓は体の老廃物や余分な水分を外へ出し、血液をきれいにするなど私たちが生きていくための重要な役割をたくさん担っています。
     腎機能が極度に低下した「末期腎不全」に対する治療は、血液透析、腹膜透析、腎臓移植の3つがあります。聖マリア病院はそれら3つを全て実施しています。
     今回は、ライフスタイルや年齢などに合わせて選べるようになった末期腎不全の治療法や、食事療法などを紹介。透析や腎移植経験者の講師も登壇します。ぜひ、足をお運びください。

     ▽日時:2018年10月14日(日) 13:30~15:30(13:00受付開始)
     ▽会場:久留米シティプラザ3階 久留米座(久留米市六ツ門町8-1/0942-36-3000)
     ▽参加費:無料
     ▽定員:350人(当日先着順)

     ▽問い合わせ先:聖マリア病院 企画部 市民公開講座事務局(0942-35-3322)
     ▽案内ちらしはこちら
  • 2018.08.13 「実はあなた!糖尿病かも!?いきいきと笑顔で過ごすために」のご案内

     糖尿病の初期段階は自覚症状がほとんどなく、気付かないうちに発症している可能性もあります。女性は閉経を迎えると女性ホルモンが減少し、糖尿病にかかるリスクが高まります。「自分は大丈夫」と思わず、日頃から食事や運動に気をつけましょう。
     今回は医師が病気の正しい知識を分かりやすく解説。トレーナーによる効果的で簡単な運動法も紹介します。
    ぜひ、足をお運びください。

     ▽日時:2018年9月22日(土)
         講演/14:00~16:00(13:30受付開始)
         体験・展示コーナー/13:30~16:30

     ▽会場:久留米シティプラザ5階 大会議室2・3(久留米市六ツ門町8-1/0942-36-3000)
     ▽参加費:無料
     ▽定員:100人(当日先着順)

     ▽問い合わせ先:聖マリア病院 企画部 市民公開講座事務局(0942-35-3322)
     ▽案内ちらしはこちら
  • 2018.08.13 「がんを考える」市民公開講座のご案内

     がんの療養中に感じる、だるさや痛み、不安や落ち込み、悲しみ。患者さんの体と心のつらさを和らげ、自分らしく過ごせるように支援する医療が「緩和ケア」です。
     患者さんと大切なご家族がこれまでのように暮らしていくために、がんと診断されたときから始まる「緩和ケア」について理解を深める講座です。ぜひ、足をお運びください。

     ▽日時:2018年9月2日(日) 14:00~(13:30受付開始)
     ▽会場:久留米シティプラザ4階 中会議室(久留米市六ツ門町8-1/0942-36-3000)
     ▽参加費:無料
     ▽定員:100人(当日先着順)

     ▽問い合わせ先:聖マリア病院 企画部 市民公開講座事務局(0942-35-3322)
     ▽案内ちらしはこちら
  • 2018.05.22 市民公開講座「がん治療の最前線 ロボット手術ってなぁに?」のご案内

     からだへの負担が少なく、高い安全性と正確さで注目を集めるロボット支援手術。今春から、同手術の公的医療保険の対象が広がり、胃がんや肺がんなどにも適用されるようになりました。
     今回の講座では、最新のがん治療として今後ますます身近になっていくロボット支援手術を佐賀大学医学部教授の能城浩和氏が分かりやすく解説します。2017年7月に手術支援ロボットを導入し、18年1月、福岡県南部地域で初めてのロボットによる胃がん手術を実施した聖マリア病院の先進的な取り組みも紹介します。ぜひ、足をお運びください。

     ▽日時:2018年6月30日(土) 13:30~(12:30受付開始)
     ▽会場:久留米シティプラザ 久留米座(久留米市六ツ門町8-1/0942-36-3000)
     ▽参加費:無料 ▽定員:350人(先着順)
     ▽問い合わせ先:聖マリア病院 企画部 市民公開講座事務局(0942-35-3322)
     ▽案内ちらしはこちら
  • 2018.02.05 福岡県南部初、ロボットでの胃がん手術を実施

     聖マリア病院は1月下旬、手術支援ロボット「ダビンチXi」を用いた早期胃がん手術を実施しました。ロボットでの胃切除は福岡県南部地区で初めてです。患者さんの術後の経過は良好で、術後7日目に退院されました。ロボット手術は、切開創が小さく創の治りが早い最新の低侵襲手術です。ことし4月には、今回実施した胃がんを含む12種の手術が新たに保険適用になる予定です。当院は、ロボット手術という新しい医療の健全な発展のために、今後も症例数を重ね、多くの患者さんにより安全で質の高い治療が提供いたします。

     当院のロボット手術の取り組みについては、こちらをご覧ください。

    手術支援ロボット「ダビンチXi」を用いた手術の様子

     

  • 2017.11.27 患者さんご家族への病状説明に関するお願い

     政府が取り組む「働き方改革実行計画」については病院もその例外ではなく、厚生労働省が開催する「医師の働き方改革に関する検討会」においては「医師の時間外労働規制」を始めとする諸問題に関する議論が進められています。

     当院でも主に「医師の病院内滞在時間の短縮」を目的とした対策を早急に講じなければならず、その取り組みの一環として「患者さんご家族への病状および治療方針等の説明」について以下の運用とさせて頂くことと致しました。

     これからも「安全で質の高い医療の提供」には職員一同最大限の努力を惜しまず、地域医療の充実に全力を尽くす所存ですが、当院の医療サービス継続のためにやむを得ない措置となります。ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。
     
     〇平成30年1月1日以降の病状説明について
      ・病状説明の日時は、原則 日祝日を除く平日17時まで と致します
      ・病状説明を、主治医ではなく診療科内の他の医師が行う場合があります

     

    詳細(案内PDFファイル)

  • 2017.11.06 【12月9日開催】東日本大震災チャリティー オルガンコンサート

     聖マリア病院は、12月9日(土)14時から病院敷地内の「雪の聖母聖堂」で、東日本大震災の復興を支援するチャリティーオルガンコンサートを開催します。皆様からの献金は、宗教法人カトリック中央協議会カリタスジャパンを通じて被災地に送られます。
     このチャリティー演奏会は、クリスマスの時期に毎年開催しており、今回はオルガニストに愛知県立芸術大学講師の吉田恵さんをお招きします。演奏曲目は、J.S.バッハ作曲フーガ ト短調 BWV578、シューブラー・コラール集第1曲 "目覚めよと われらに呼ばわる物見らの声" BWV645、前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547などを予定しています。
     吉田さんは、東京芸術大学オルガン科を経て同大学院修士課程修了後、ドイツのハンブルク音楽大学卒業。1991年ブルージュ国際オルガン・コンクールでバッハ・モーツァルト賞を受賞し、94年より国内活動を開始。2004年から10年までの間、全12回に分けて「J.S.バッハ:オルガン作品全曲演奏会」を開催しています。
     
    コンサート来場者は、聖マリア病院内の駐車場を無料で使用いただけます。
     
  • 2017.11.02 第27回 筑後地区糖尿病の集いのご案内

     第27回筑後地区糖尿病の集いが11月19日(日)、聖マリア病院で開催されます。主催は日本糖尿病協会福岡支部、同筑後ブロック協議会、福岡県栄養士会筑後支部、筑後糖尿病療養指導士会です。ぜひ足をお運びください。

     ▽日時:2017年11月19日(日) 13:00~16:00
     ▽会場:聖マリア病院 外来診療棟1階、2階(福岡県久留米市津福本町422) 
     ▽参加料:無料 (事前申込不要。どなたでも参加いただけます)
     ▽問い合わせ先:日本糖尿病協会福岡支部筑後ブロック協議会(聖マリア病院内 担当:足立/0942-35-3322)

    詳細(案内PDFファイル)

  • 2017.09.11 聖マリア病院 ホスピス・緩和ケアデーのご案内

     2017年10月14日の世界ホスピス緩和ケアデー(World Hospice & Palliative Care Day)にあわせて、聖マリア病院 ホスピス・緩和ケアデーを開催します。
     消化器がんと診断された方などを対象とした「がんサロン」やどなたでも参加いただける、がんについて考えるための講演やホスピス病棟の見学会など、さまざまなプログラムを準備しています。ぜひ、足をお運びください。
     
    【開催概要】
      ▽日時:2017年10月14日(土) 13:00~16:00(12:30受付開始)
      ▽会場:聖マリア病院 外来診療棟2階大ホール・聖母ホスピス病棟
          (久留米市津福本町422/0942-35-3322)
      ▽参加費:無料
      ▽問い合わせ先:緩和ケアセンター(尾形由貴子)

  • 2017.09.04 第5回てあらいフェスティバルのご案内

     国際衛生年であった2008年、10月15日が「世界手洗いの日」と定められました。
     聖マリア病院では、2013年から毎年、世界手洗いの日に合わせて「てあらい
    フェスティバル」を開催しています。正しい手洗いは、衛生環境を整えて健康を守るための、もっとも身近な手段です。毎日する手洗いを通じて、自分の健康や世界の子どもたちのことを、一緒に考えてみませんか。
     正しい手洗い体験ブースやお楽しみコーナー、その他さまざまなイベントがあります。ぜひ足をお運びください。

    ▽日時:2017年10月15日(日) 9:30~15:00
    ▽会場:聖マリア病院 外来診療棟2階(久留米市津福本町422/0942-35-3322)
    ▽入場料:無料

このページの上へ